行政改革実施計画

      佐賀西部広域水道企業団行政改革実施計画の実施結果報告
                      (平成27年9月)

行政改革実施計画の実施結果報告について

    
    ◎ 平成22年度から平成26年度までに実施した取組項目の結果報告です。

    
なお、実施結果報告については下記PDFファイルで全編ご覧になれます。

行政改革実施計画実施結果報告(平成27年9月)

      佐賀西部広域水道企業団行政改革実施計画 (平成22年8月)

第1 はじめに

  1 策定の目的

       当企業団は平成13年4月から供給開始したところでありま
     すが、昭和60年の『佐賀西部地域広域的水道整備計画』が策
     定された当時は、社会経済の進展、生活水準の向上や人口増
     加等による水需要の増加が見込まれたため、新たな水源を確
     保し広域的な水道施設の整備を図ってきました。
       しかしながら、近年の少子高齢社会や長引く景気低迷等の
     影響により水需要は計画を下回っており、今後、合理的な水
     運用や施設の効率化を図る必要があります。
       一方、構成団体は地域経済の低迷による財政への影響が続
     く中極めて厳しい状況にあり、水道事業も料金収入の伸び悩
     みや老朽施設の更新に迫られて経営圧迫の要因となっており、
     水道用水を供給する当企業団に対し経営の効率化を求める厳
     しい声もあります。
       このようなことから、当企業団の経営の効率化と経営基盤
     の強化を図るため

       機仝率的な組織運営と定員・人事管理及び給与の適正化
       供仝率的な事務事業の推進
       掘〃鯀瓦丙眄基盤の確立
       検ヾ躓ヾ浜体制の確立

     の四つの柱を基に行政改革を推進していくものとします。
       なお、その具体的な実施項目については、『佐賀西部広域
     水道企業団地域水道ビジョン(平成20年7月策定)』の行動
     計画を基本にして策定しました。

   2 計画期間

      計画期間は、平成22年度から平成26年度までの5年間と
     します。

   3 目標・効果の明示

       課題については、項目、現状、スケジュールを明記し、毎
      年度その達成度を検証することとします。

   4 取組課題の構成

     (1) 経営上の重点課題であり、かつ緊急を要する事項とし
       て、最優先で実施すべき課題を「重点事項」とします。

     (2) 事業性格上、平成22年度に早急に実施すべき事項を
       「緊急事項」とします。

      (3) その他の取組むべき課題を「推進事項」とします。

      (4) 取組み課題の構成は、行政改革の四つの柱ごとに、
       「大項目」、「中項目」、「小項目」に分類します。

なお、行政改革実施計画については下記PDFファイルで全編ご覧になれます。

佐賀西部広域水道企業団行政改革実施計画(平成22年8月)


佐賀西部広域水道企業団
〒849-0201 佐賀市久保田町大字徳万1869番地
TEL/0952-68-3181 FAX/0952-68-3583

Copyright 2007 Sagaseibu Suidou. All Rights Reserved.