Loading...

佐賀西部地域のあらまし

川

佐賀西部地域は、佐賀県の概ね中南部に位置し、北に天山山地、南は有明海に面し、西に武雄・嬉野温泉郷を擁しており、嘉瀬川・牛津川・六角川の流域からなる面積約850平方キロメートルの地域であります。

本地域の産業は、低平地の多くが、古来干拓事業で造成されてきた肥沃な土地であることから、米麦作を中心とする農業の盛んな、いわゆる佐賀県の穀倉地帯でありまして、また干満差が6~7メートルともいわれる有明海沿岸は日本一の海苔の産地として有名であります。

また、現在では地域の北部を九州横断自動車道・西九州自動車道が整備されたほか、近隣には佐賀空港が開港するなど高速交通体系にも組み入れられ、更には南部に地域高規格道路として有明海沿岸道路整備のための準備が開始されるなど第二次、第三次産業に対する振興計画も進んでおります。

ページ上に戻る