Loading...

平成31年度当初予算の概要

 平成31年度予算は、水道事業統合に向けて取り組みつつ、引き続き水道用水の安定供給を図れるよう編成しました。
 主な事業計画としては、次のとおりです。

  • ろ過池ろ材更新工事に要する経費として、16,720千円を計上すること。
  • 久保田流量計室新設工事に要する経費として、89,870千円を計上すること。
  • 水道事業統合準備に要する経費として、管理本館改修工事に39,160千円、料金・会計システム構築に114,004千円など、合計364,148千円を計上すること。

1.収益的収支(消費税込み)

施設の運転・管理等、水道事業を運営するための経費とその財源

 当初予算の額は、収益的収入で1,649,099千円、収益的支出で1,738,012千円。
 収益的収支差引は△88,913千円で、消費税抜きでは120,594千円の純損失が見込まれます。

2.資本的収支(消費税込み)

水道施設を建設・整備するための経費とその財源

 当初予算の額は、資本的収入で1,121,616千円、資本的支出で1,018,913千円。

ページ上に戻る