Loading...

災害への備え

災害への備え

台風や地震などの災害により水道の出が悪くなったり、断水したりするおそれがあります。

もしもの時に備えてご家庭でできる準備について御確認をお願いします。

飲料水の準備

清潔で蓋ができる容器(ペットボトル、ポリタンク、水筒など)に水を汲み置きしましょう。

汲み置き量の目安

人が生命を維持するために必要な水の量は、一人一日3リットルといわれています。

3リットルを家族の人数分、3日分程度汲み置きしましょう。

保存期間

直射日光を避ければ、3日程度は飲料水として使用できます。

(浄水器を通した水は塩素による消毒効果がありませんので毎日汲み替えてください。)

汲み置きした水の利用

容器に直接口をつけず、コップなどに注いで飲みましょう。

古くなった水は、掃除、洗濯など飲用以外に使用しましょう。

飲用以外の水の準備

お風呂の残り水を取っておくと、もしもの時にはトイレの流し水や洗濯などの生活用水、消火用水として使用できます。

避難所の確認

もしもの時のために、自宅や職場の近くの避難場所を、市町の情報から確認しましょう。

ページ上に戻る