Loading...

一次側工事(公道工事)における有資格者配置の猶予期間延長について

一次側工事(公道工事)における有資格者配置の猶予期間延長について

 

 一次側工事(公道工事)については水道事業統合前の各事業体で取扱いが異なり、一部構成市町においては配水管の破損等を防ぐ観点から地元管工事組合業者に施工を依頼する規則(※)が存在しました。

 この従来規則については当初令和3年度までに限っての経過措置として引き続き運用し、令和4年度より工種及び管種に応じた有資格者(配管技能者)の配置を義務付ける方針であり、資格者を有さない事業者におかれましては早期の検定受験及び技能者証の取得をお願いしておりました。

 しかしながら、新型コロナウイルス感染症により令和3年度中の検定受験及び技能者証取得が非常に困難な状況となっております。つきましては上記の従来規則の運用を当初より1年間延長し、令和5年度(2023年4月以降)より有資格者の配置を義務付けることとします。

 有資格者の登録につきましては別途後日ホームページ等で周知をさせていただきます。

 

※一次側工事(公道工事)の従来規則

管工事組合業者のみ施工を許可:武雄営業所管内、嬉野営業所管内、大町営業所管内、白石営業所管内
他事業体で実績を有する業者に許可:本庁営業課(旧西佐賀水道企業団)、多久営業所管内、江北営業所管内

参考資料

問い合わせ先

佐賀西部広域水道企業団 営業課 給水係
電話:0952-68-2225
FAX:0952-68-2830

 

ページ上に戻る